やじかんm-Go!

2006年02月13日

もう、OGUを撮りに重いカメラバッグを持ってあちこち行くことは無いんだな...。

20021005-IMG_0860.jpgそもそも、何故...何千枚・何万枚と写真を撮るようになったのか...?
勿論OGUの雄姿を記録に残したかったというのもあったが...

撮ったのは自分、写っているのは選手。
...撮影者の気持ちが理解されることはあっても、誤解される確率は極めて低い。

自分の思いを活字にすることに限界を感じた。

  ヒトと出会い、遅かれ早かれ別れが待っているとするならば...
  最初から出会わない方が良かった...

自らの本音をさらけ出すことが、必ずしも良い結果を生むとは限らない。

信じていたのに、信じられなくなったり...
信じていたのに、信じてもらえなくなったり...
思い通りにならないが故、全てを放り出したくなったり...。

20051125-HB2W8638.jpgHomepage運営がツラかった。
『OGU面冠者』の看板が重かった。
それは...OGU応援を投げ出しあきらめることにもつながり兼ねない。

積極的に続けようとして続けてきた訳ではなく、続けるのを止めることに消極的だっただけ。
『OGU面冠者』の延命装置...そのヒトツが、写真。

リアルタイムに小倉隆史“選手”を応援することは、できなくなった。
しなくても、良くなった...。
今後は、OGUが遺してくれた輝かしい1コマ1コマを、肩の力を抜いて皆と「共有」していけたらいいな...。

...とはいえ...
  「もう、“小倉隆史”で張り切る必要が無いんだなぁ」...なんて考えると...
やはり、寂しい...。
posted by ばぶりぃ〜しりうち at 19:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | S.S.Monster
この記事へのコメント
オグを好きな方たちが一番集まってるサイトで、管理人さんご夫婦の人柄もあって、大好きなサイトでした。
途中から知内さんの書き込みが減ってきてgamaさんが内助の功で活躍してらしたあたりから、何か辛い出来事があったのかな?と思ってました。
ホントにこれだけのサイトを運営するのは、大変だったろうと思います。
でも知内さんだからこそ、こんなに多くの方たちが参加していたのだろうと思います。
知内さんの熱い思いや優しさ、気配りは充分に感じていました。支えた奥さまも大変だったろうと思います。

私もずっとオグを応援し続けていきたいと思っています。オグを超える人は、自分のタイミング的にも出てこないと思いますが、こればっかりはわからないですよね(笑)
ひとまずお疲れ様≠ナした。そしてありがとうございました!
Posted by madame-tosi at 2006年03月03日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 表示されるまで時間がかかる場合がございます。ご了承下さい。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。